ジャパンCは人気2頭で鉄板か!?

▼第98回
ジャパンCは人気2頭で鉄板か!?

 三冠馬・ディープインパクトと、そのディープインパクトを昨年の有馬記念で下したハーツクライの再戦が注目される今週のジャパンC。日本馬では2頭の実績が抜けているが、今回はともに遠征帰りという不安材料も抱えている。果たして2頭で堅いのか、外国馬や伏兵の台頭があるのか、競馬予想情報サイト JRA-VAN
の「競馬予想」、「競馬情報」から分析してみよう。



JRA-VAN Data Lab.でデータの提供されている86年以降のジャパンCで、日本馬が1、2番人気を占めた年を調べたの結果をまとめると以下の通りになる。

・1、2番人気馬が1、2着(9回中2回)→本命党向け
 (1番人気→2番人気、2番人気→1番人気が各1回)
・1着は3番人気以下、2着は2番人気(同5回)→中穴狙い
・1、2番人気共倒れ(同2回)→穴党向け


さて、あなたの予想と一致してるでしょうか?



詳しく知りたい方は、競馬予想情報サイト JRA-VANの「競馬予想」、「競馬情報」をみてみよう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28233750
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。